ハミングウォーター エコモードを使うとお湯が出ない…?

エコモードは再加熱ストップなのでお湯が出ない状態に…

ハミングウォーターを使っている時、お湯が出ないとしたら機械の故障ではなく設定の問題です。消費電力を抑えるエコモードでは、一度お湯を沸かしたら再加熱をしないことになっています。ですから、時間が経過してからお湯を出そうとすると、温度が低くなってしまいます。それをなんとかしたいならば、まず操作パネルの左端にあるロックボタンを押して、上のランプが点灯しているのを確認します。それから温水ボタンを3秒間押し続けます。すると温水ボタンの上にあるランプが点滅します。そうすれば、30分くらいで熱いお湯がでるようになります。

温水制限で電気代を大幅節約!月に475円程度に

エコモードは温水機能を切ることで、消費電力を最小にする機能です。この機能を使えば、電気代が月に475円程度に抑えられます。ウォーターサーバーのランニングコストで比較するとき、この安さは魅力的です。エコモードはどのようなときに使うのかというと、お湯を使わない夜や外出時にエコモードを起動させれば不便を感じることはありません。エコモードは、起動してから6時間後になったら解除されます。なお、お湯以外の常温の水と冷水については、普段と同じように使えるので夜中に喉を潤したいといったときにも使えます。

配達時間をしてもフローズがなかなか届かないケースも…

ハミングウォーターで人気の機種であるフローズは、頼んでもしていた配達時間に届かない恐れがあります。考えられるのは、台風等の災害により車が走れないことで配達に遅延が起きているとか、何らかのトラブルで発送ができていないといったことです。こういうとき、客側の都合で再配達をするとなれば、再配達の料金がかかりますが、メーカーや配達業者の都合であれば話は違います。ともかく、状況を確認するためにも問い合わせをしたほうがいいです。

2つのフィルターを使うフローズ|きちんと装着で水漏れ心配なし

2つのフィルターを使うことで、不純物を除去できるフローズは、飲料水や料理に使う水を用意するのに最適なウォーターサーバーです。そこで心配になるのが、水漏れですが交換の際に説明書に書いてある手順を守れば、そのような心配はありません。設置をする際には、必ず電源プラグを抜き、安全を確保した状態で行いましょう、取り付けている最中は手を挟まないように気をつけ、指定された状態になるよう表示などを確認しながら作業をします。問題がなければ、電源を入れたら給水タンクから水が減っていきます。

旅行中は水抜き必須?お手入れも含めて…

旅行中は水を入れたまま放置すると機器に異常がでたり、水質が悪くなる恐れがあります。必ず出発前にお手入れをしましょう。水抜きは給水タンクを取り外し、常温水を蛇口から出すことでできます。それから電源を切るためにコンセントを抜きます。フィルターは機器から取り外し、冷蔵庫で保管しておきましょう。なお数日程度の予定であれば、上記の作業をする際に、サーバー本体の電源を入れたままにするほうがタンクを清潔に保てます。